十津川郷を120%楽しむには

2014年2月13日 / 未分類

奈良県吉野郡十津川村小原225-1にある十津川郷を120%楽しむ方法を紹介します。

 

十津川のほぼ真ん中に位置していて国道168号線沿いにある道の駅になり、伝統民具を展示したむかし館や村内で生産された特産品・足湯。観光案内・喫茶コーナーなどがあります。

むかし館は入場料無料で、昔の山道具などが展示されていて、からくりシアターでは音と映像で十津川を紹介しています。足湯ができる施設は無料で入ることができます。タオルなどの持参をおすすめします。

特産品コーナーでは十津川清流のあまごの甘露煮や鮎あぶり・おおきなエリンギ・シメジ・なめこなどの山の幸・十津川名産ゆべし・田舎味噌・ポン酢・梅干し・漬けものなどこだわり商品を販売しています。

無農薬の十津川産の番茶や手作りこんにゃく・手作り豆腐なども人気商品です。木工品も有名で、葛のあみ篭や手編みのわらぞうり・チェーンソーアートなども置いています。北海道にある十津川村の名産も置いてあるので、要チェックです。とうきびチョコレート・黒ごまやメロンのアイスクリームも人気があります。

手打ちそばも提供していて、希望者はそば打ち体験もすることができます。近くには谷瀬のつり橋などの観光名所もあります。

 

gf0240039759l

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る